大田区の幼稚園情報誌・編集局 「O☆K マム」 okmam.exblog.jp

大田区の幼稚園情報誌「幼稚園選びにまよったら」を発行する、社会教育関係団体「O☆K マム(おおた子育てマム)」のブログです。


by OK-MAM
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
9月7日(金)。
前々から準備を進めていました子育て講座『こどもの心を育てるメリハリ子育て』が無事に終わりました。残暑厳しい中でしたが沢山の方におこしいただきました。
1歳以上の15名のお子様は託児者と楽しく過し、ママはしばし子どもと離れて講座に集中しました。1歳未満のお子様は託児対象ではないので同伴で講座を受けていただきました。立ったり座ったりなだめたり、大変だったと思います。お疲れ様でした。
e0164023_10292324.jpg
お招きした講師の方は米国カリフォルニア州認定心理カウンセラーの河瀬さやか先生。
長年アメリカで心理カウンセラーとして勤務され、現在は東京女子医大女性生涯健康センター・国立精神・神経研究センターの非常勤勤務、執筆活動、講演活動をしていらっしゃいます。3歳の女の子の育児真っ最中のスレンダー美女先生でした♪
私自身、もうすぐ5歳の生意気娘&2歳になったばかりのわがままで悪魔のような娘とのバトルの毎日ですから、そりゃもう真剣に話を聞きました。

前半は強い心を育てるためにはまず、赤ちゃんのころからの親子のつながりの構築がいかに大切かを学びました。赤ちゃんの頃はニーズを察知、理解し、すぐに応えてあげることが大事だそうす。
夜泣きぐずりの対処の方法なども学びましたが、そもそもなぜ ぐずり・夜泣きがあるかというと、人間の赤ちゃんは本来より3ヶ月早く生まれてくるという説があり、生後三ヶ月は子宮の中と似た状況を提供すれば赤ちゃんは落ち着くそうです。
その考えに基づき、子宮にいたときのような状態を再現するテクニックを学びました。
強めに赤ちゃんをグルグル巻きにくるむと落ち着くってのは私も実体験済みでしたので、他の技術も興味深く聴きました。今度本物の赤ちゃんで実験してみよう、とみんな思ったハズ。
e0164023_10293487.jpg
中盤は子どものやる気、気持ち、自信を育てる会話法や遊び方を学びました。親子相互交流療法というのがあり、”褒める、繰り返す、まねる、解説する、楽しむ” を遊ぶときに取り入れるのです。
実際に先生と子ども役(メンバーのちはるちゃん)がおもちゃで遊びながら会話法を教えてくれました。
それを行う間の禁止事項として、”否定しない、批判的なことを言わない、質問しない、命令しない”とあるのですがこの禁止事項ばかり子どもに言ってることに気が付きました。反省。

後半は「叱る」ということをいかに効果的に行うかを学びました。
明確な理由を持って、短い時間で、叱ったら終わりがあること。切りかえが大事。つまりメリハリです!自分の都合や感情で叱らない。だらだら叱り続けずまず母親が切りかえる。きゃー耳が痛いー。
叱るときの言葉の選び方や、実際先生が子どもにどうやって叱る言葉をかけているのかを教わり、すぐに真似しようと思いました。

あっという間の2時間の講座、ためになる話が沢山でした。
質疑応答の時間も足りない程の盛り上がりでしたが、受講された方どんな感想をお持ちになったでしょうか?

講座のあと、先生を囲んで軽食を食べながらお話ししました。
アンケートを見ながら大好評だったことを祝いあい、労をねぎらいながら過す幸せな時間でした!しかし内容はすぐに子育ての話しへ!!講座の延長戦のような感じで先生を質問攻め。
私たちメンバーの子どもは5歳前後の子どもが多いので、その歳くらいにフォーカスをあてた講座を聴いてみたいと希望しておきました!
また機会があれば是非・・・いいえ、機会を絶対に作ります。楽しみに待っていてください。

私達と活動してくれるメンバーを募集してます。コチラをチェックしてください!

reported by なおこ
[PR]
# by OK-MAM | 2012-09-11 11:16 | 活動日誌

メンバー募集中!!

9月7日の講座に来て下さった方にはお話しましたが、以前別の団体主催の講座で河瀬さやか先生の講義を聞いて強く感銘を受けたメンバーのちはるちゃんが、ほかのメンバーや子育て中の方にもっと聴いてもらいたい!!と企画したものです。今回の企画は自分たちのためにもなりましたし、子育て中のママの心を少しでも楽にできるお手伝いができたこと、メンバー全員誇りに思っています。

今回は講座を開催しましたが、今後は冊子『幼稚園選びにまよったら』の最新刊発行や
webでの子育て情報提供の充実を図ることなど、色々な計画が進行中です。
活動内容は主に情報誌・ブログの編集作業・・・と言えばすごいカッコイイ感じに聞こえますかね?
具体的には、月に2度ほどの例会参加。本屋さんから注文が入れば自転車で届け、今回のようなイベントでは様々な書類を作成して区に提出したり、冊子のデータを集めるためにFAXしたり、データを打ち込んだり、営業活動も・・・。編集だけでなく、地道な作業も多いですが、何でもみんなで分担してトライしています。やったことの無い事が多くて戸惑いもあります。子育ての合間に時間を見つけてなんとかやってます。。。
大変なこともありますが、得るものも沢山あります。出会いも沢山!

私達と一緒に子育てママ同士の交流を楽しみながら、子育て中のママパパたちの役に立つお手伝いをしてみませんか?
どんな感じで作業をしてるの?と思われるでしょう?一度お子さんと一緒に遊びに来てください。メンバも子どもを連れてきているのでお子さん連れ歓迎です。例会の場所は池上付近が多いです。月に2回ほど例会をしていますので是非ご連絡ください。
[PR]
# by OK-MAM | 2012-09-11 10:45 | メンバーからのメッセージ
私っていつも怒ってばかり、しつけってこれでいいのかしら?
小さな子どもとの生活、楽しいけれど、ときにはイライラしたり、不安になったりすることも…。
子どもとのコミュニケーションをもっと楽にしちゃいましょう!

◆チラシはこちらからどうぞ。
コミュニケーション講座・チラシ表チラシ裏(PDF)


※講座の空席状況はこちらのブログでお知らせいたします。

★保育希望 : × 空席なし
★保育なし : × 空席なし
(2012.8.21現在)
申し込みは終了しました。
たくさんのお申し込みありがとうございました!


---------------

2012年度家庭・地域教育力向上支援事業・O☆K マム講座
「こどもの心を育てるメリハリ子育て」
2012年9月7日(金)10時~12時

☆ 講師:河瀬さやかさん(米国カリフォリニア州認定心理カウンセラー)

☆ 会場:mics おおた 教室(大田区消費者生活センター1F )
(JR 蒲田駅東口から徒歩5 分、「蒲田駅前図書館」と同じ建物内)

☆ 参加費:無料

☆ 定員:30 名(先着順)

☆ 保育:1 歳以上の未就学児を10 名までお預かりします。(保育料無料)
     ※1 歳未満のお子様は抱っこにてご参加可能です。

☆ 申込方法:E-Mail(PC・携帯)、またはFAX

☆ 申込締切:2012 年8 月31 日(金)必着


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
お申込み方法
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(1)講座名「メリハリ子育て」
(2)氏名( ふりがな)
(3)連絡先(FAX 番号またはメールアドレス)
(4)保育希望の方はお子さんの名前( ふりがな) と年齢
(5)保育カード送付のためのFAX 番号またはPC メールアドレス
(6)1 歳未満のお子様の同伴あり・なし


を記入のうえ、下記いずれかの方法でお申し込みください。

● メールで…
ok-kouza@7herbs.com(メール件名:「メリハリ子育て」)と記入)

● FAX で…
03-6425-6019(O☆Kマム・吉舗)

◆申し込み締切:2012 年8 月31 日(金)必着



↑ケータイからもお申し込みOK!

※申込み後には必ずこちらから返信をします。申込み後1 週間を過ぎても返信がない場合は、メールまたはFAX が届いていない場合があります。お手数ですが再度、お問い合わせください。
※連絡先が携帯メールの場合、PC メール着信拒否の設定になっていますと、こちらからのメールを確認していただくことができません。
設定を解除されるか「ok-kouza@7herbs.com」からのメール着信を許可する設定にしてください。
※個人情報は適切に管理し、目的以外では使用いたしません。

◆実施団体 O☆K マム(大田区の幼稚園情報誌・編集局)
◆お問い合わせ:Tel 090-3082-9092(O☆K マム・牧浦)
[PR]
# by OK-MAM | 2012-08-20 19:39 | イベント・メディア情報
ちょっと子どもをみててもらいたい、パートに出ることになってその間子どもを預かってほしい…。
そんなママたちのニーズにお応えした新しい保育施設「保育室サン御園」が2012年6月に開所しました。

利用案内は、こちらから。
http://www.city.ota.tokyo.jp/oshirase/mokutekibetsu/kodomo/a06004020120515185326809.html
[PR]
# by OK-MAM | 2012-06-30 07:02 | お役立ち情報
子どもが病気になったら、もちろん親がそばにいてあげることがベストですが、どうしても仕事を休めない場合もあります。そんなとき助けてくれるのが、「病後児保育室」です。
区内の保育所を利用している人であれば、病気の子ども(ただし回復期になってから)を預けることのできる保育室です。

利用案内は、こちらから。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/kodomo/shien/byougoji/byougoji.html


そのほか、民間では、こんな会員制の「お助けどころ」がありますよ。働いていないママでも利用できます。

エスク(家庭保育・出張保育・病児保育)
http://www.eos-f.net/

マザーネット(ベビーシッター・家事代行)
http://www.carifami.com/kojin/mother/01.html

フローレンス(病児保育)
http://www.florence.or.jp/user/


お医者さまとママやパパの愛情が一番のお薬ですが、「お助けどころ」もチェックしておくと安心ですね。
[PR]
# by OK-MAM | 2012-02-06 23:23 | お役立ち情報